変化する業者

ゴミ袋

不用品回収の始まりは、平安時代の「古紙回収」から始まります。その名のとうりに使用済みの紙を回収する業者がこの時代に誕生しました。その古紙回収が変化して江戸時代には紙を買い取る「紙屑買い」や、道端に落ちてる紙屑を集めて金銭を集めて生計を立てる「紙屑拾い」という業者がでてきました。 そして時代が昭和になるとちり紙交換のトラックが走り、再生可能な資源を再生させるために回収する「廃品回収」へと変化してきました。それがさらに発展して古紙だけではなく、家庭や企業の不用品を回収する「不用品回収」が誕生しました。 このように不用品回収はすでに昔から不要なものを回収する団体がおり、それが時代や人々のニーズに合わせて変化をしてきました。

現在は各地域の行政が不用品回収を行っていますが、それだけではカバーしきることができなくなりつつあります。 そこで注目を集めているのが「リサイクルショップ」です。現在中古品をメインに取り扱うお店が多くあり特に若い世代に人気があります。新品だと定価に近い価格で買うのに対し、中古なら安価に買えるのでわざわざ新品を買う必要がありません。 リサイクルショップではなくても、家電量販店などでも不用品回収をしてくれるサービスや中古販売をするサービスが増えてきており、ものを大切にする考えが前よりも深く根付いてきています。 地球温暖化などの地球環境への意識が強くなっている現在、不用品回収などを通して少しでもごみを減らすための活動が増えており、これからもそのような活動を行う企業は増えていくと思います。